ウォータージェット加工機

弊社の社長が若かりし頃に感動し購入した夢の機械!!

所有している企業が少なく、存在は知ってはいるがなかなかお目にかかれない機械です。

ウォータージェットは水に粒子状のガーネットを混ぜて高圧噴射(約マッハ2)することで切断を行う加工機です。

レーザー加工機では切断の難しい素材(銅、アルミ、チタン)や各種樹脂、セラミック、カーボン、ゴム、複合材等々にも対応できます。


 

そんなウォータの特徴↓↓↓

・凄い所

①材質を選ばない

ガラス以外であれば切断可能であり切れ味は斬鉄剣!

また、複合材も切断可能!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②厚板の加工が可能

弊社のレーザーでは22㎜の切断がやっとだが、ウォータは100㎜以上の切断が可能(実績は140㎜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③熱影響がない

他の切断器は溶断が基本なため熱影響が避けられないが、ウォーターは名のごとく水を使うため熱影響なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・弱い所

①加工スピードが遅い

少しずつ削るイメージなのでなかなか切れません

②レーザーに比べ寸法が出にくい

切断時に精度を左右するノズルも一緒に削れてしまうため、レーザより精度が劣ります。

また、厚板の切断面はテーパーがついてしまいます。

より詳しく知りたい方は是非お問合せ下さい。

愛媛県松山市東大栗町甲1070番地

TEL:089-979‐0825 FAX:089-979-0869

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now